短所は長所! 自慢の息子はアスペルガー

アスペルガーの長所は短所でもある。生活力はないけど勉強はできる。マイペースで協調性はないけど、その分人に左右されない。人と自分を比較しないから、優越感も劣等感もない。人に関心がない分人の悪口を言わない。そんな息子、エースの成長記録や、現在検討中の中学受験について書いてあります。

アスペなエース君 小5 まずはよくここまで頑張った!

ご訪問ありがとうございます。

さわです。

 

うちのエース君、塾では2月からは新6年生、いよいよ受験学年です。

まだまだ課題はたくさんあるけど、まずはここまでよく頑張ったことを褒めてあげたいです。

正直、ここまで続くとは思っていませんでした。

進学塾に入る前は、勉強は学校の宿題くらいしかやらず、好きなことばかりしてきた子でした。

習い事(スイミングと体操教室)も、本人がやりたいと言ったことしかやらせていませんでした。

進学塾に関しては、かかりつけの小児科医や中学受験経験者のお姉さんに勧められて、やはりエースから「行きたい!」と言ったので入塾。小学2年生くらいから学校の勉強が同じことの繰り返しで退屈だと言っていたので、塾の勉強は新鮮だったのでしょう。

 

 振り返ってみると。。。

 

小学3年で入塾し、まだ週1回の授業だったので楽しく通っていました。

 

小学4年になり、長時間の授業がきつくなったようなので、2科から算数1科に変更。学校の算数とは次元が違うとはいえ、まだ基礎的な内容でそれほど難しくなく、宿題さえきちんとやっていれば、上位の成績は取れていました。

 

そして小学5年。エースに塾を続けるか、中学受験をするつもりなのか再確認。

続けるということなので、本人の希望と塾の先生の提案により、最初の2カ月は算国の2科にし、その後、4科に増やしていくことにしました。

手続きはしたものの、私は正直、4科になってエースは音を上げるんじゃないかと思っていました。。

なにせ、算数も5年の夏前くらいから途端に難しくなり、それに加えて苦手な国語、そして理科社会。勉強は確かに大変になりました。必然的に家庭学習の時間も増えます。通塾は他の子よりも週に1回少ないとはいえ、お弁当持ちで夜遅くまでの授業は、会社員の残業並みです。そして5週に3回のテストや模試も、かなりのプレッシャーでしょう。夏期講習や冬期講習も、学校の休みの半分以上の日数でした。

 

ところが、私の予想を見事に裏切られ、エース君は今も頑張っています!

もちろん疲れ気味の時もあったけど、ほんと、諦めずによく頑張っていると思います。

 

ここまで来たのだから、あと1年ちょっと、エースならきっと乗り切れるでしょう。

私も主人も、最後までサポートしていこうと心に決めています。

家族一丸となって頑張っていこうと思います❕

 

続く

 

 

 

 

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

 【無料問合せ成果】人気のオンライン家庭教師おすすめ教えます!

 

  

  ↓ アスペルガーや中学受験に関するブログを見ることができます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ 

 

アスペなエース君 小5 やっぱり言わずにはいられなかった・・

ご訪問ありがとうございます。

さわです。

 

林間学校も無事に終わり、塾のテスト2回終わったら少しの間一休み。

あとは楽しい楽しいクリスマスです。

 

一か月ほど前のことですが、エースの小学校のミシンボランティアというものに参加してきました。

5年生が初めてミシンを使ってナップザック作りをするので、そのお手伝いをするのですが、、、私、正直家庭科は得意ではありません。ミシンも家の物置にしまったきり、何年も出していません。

そんな私に、知り合いのママさんが無茶振り💦

「人が足りないのよ~。子供たちが怪我しないか見てるだけで大丈夫だから、手伝いとっても間違えて縫ったりしたところを解いてあげるくらいだから」

と、頼み込まれて渋々OKしてしまいました。幸い、私は在宅で仕事をしているので、時間的融通はききます。エース達の様子を見るいい機会でもあるので、3日間全て参加しました。

 

そしていよいよ、ミシンボランティア1日目。

 家庭科室に行くと、すでに家庭科の先生と子供たちは既に席に着いていました。

家庭科の授業は、60歳代くらいの教担のFY先生が担当していました。

ここで、ちょっと違和感。。。

いつもだったら、「エース君のお母さん!」と、手を振ってくれる子が何人かいるのですが、みんなちらっと私たちの方を見るだけ。軽く会釈してくれる子はいたのですが、なぜかみんな緊張気味?それとも元気がない?それとも、もう高学年だから少し会わない間に落ち着いたのかな?なんて思っている間にも、先生は作業工程の説明に入り、早速ナップザック作り開始。

 

ここでうちのエース君、その日までに終わっていないといけない、袋両脇のしつけができていないことが発覚💦

幸い、地域のボランティアの人に教えてもらいながら進めていたので、私は一歩引いて見守っていました。

エース達のグループは、その地域のボランティアさんにお任せして、私は他のグループを見ていました。慣れないながら、ミシンの準備や糸通しなどを手伝っていると、少し離れた場所から怖~い声が聞こえてきたのです。

「なにこれ!できてないじゃない!」

「そんなこと誰も教えてないっ!」

「使わない物はしまっとけって言ったでしょっ!」

子供たちが緊張していた原因はこれだったのかも。。。

そう、家庭科担当の、FY先生の怒声でした。

 

ナップザック作りは、ほとんどの子が初めてです。それでもみんな、わからないことがあればボランティアさんや友達に聞きながら、一生懸命取り組んでいました。

みんないい子達で、授業の妨害をする子など一人もいません。若干取り組み拒否していたのはエースくらいで、みんな頑張っていました。

それなのに、FY先生はことごとくダメ出し。子供たちを一切褒めません。

やっと袋両脇のミシンかけが終わって、嬉しそうに見せに来た子に「できてないよ!」と切り捨て、時間ギリギリに質問をしに来た子に「今何時だと思う?あんたの質問に答えてたらどうなる?」と意地悪な口調で言い、その日の作業を終えて片づけをしていた子に「あんた、5年生なのにこんな縫い方して恥ずかしいよ」と、またまた意地悪口調。。。

ちなみに、好奇心旺盛なエースは人が使っているミシンを触っていて怒られていました。これは危険なことなので怒ってもらってOK。

 

それにしても、先生怖すぎ、というかひどすぎ!!

 

褒めて伸ばそう、大人でも子供でもいいところを見つけて褒めてあげようというこの時代に、昭和の鬼教師みたいな先生が未だにいたなんて、正直驚きました。はっきり言って時代錯誤です。

 

ただ、この様子を見て、私は「なるほどな」と納得したことがありました。

以前から、何人かのお母さん達から「うちの子、家庭科が嫌で学校行きたくないって言うんだよね」というような話を聞いていたのです。男女問わずです。

中には本当に学校を休んでしまう子もいたようです。エースの友達では、「家庭科なんて別にできなくてもいいじゃん、なんで裁縫なんてやらせんだよ」って愚痴っている子がいました。他にも、夏休みの宿題でマスコットを作ったらダメだしされた子もいれば、ナップザックのしつけ縫いが雑でみんなの前で笑いものにされてた子もいたそうです。

うちのエース君は、思えば4年生の頃からFY先生の授業は取り組もうとしませんでした。4年生の時は図工と書写がFY先生の担当だったのですが、図工は下書きをしたがらない、彫刻刀は眺めているだけで作業に取り掛からない、書写は途中でトイレに行ってしまうなど。。。担任の先生から話を聞いていました。

きっと、絵が下手なエースは同じように、「4年生なのにこんな絵描いて恥ずかしいよ!もっと丁寧に!」などとダメ出しをされていたのかもしれませんね。

3年生の時は図工を楽しそうに取り込んでいたようだし、今も担任の先生に教えてもらいながら絵や工作で自分の世界観(マニアックな)を表現しているそうです。

ナップザック作りも、しつけがなかなか進まないという話は聞いていましたが、私がボランティアに行った初日は地域のボランティアさんに指導してもらいながら頑張って進めていたし、2日目もスクールコーディネータさんに指導してもらいながら楽しそうにミシンかけをしていました。

 

ということは、、、なるほど。。。

FT先生の授業はやる気が起きない、というか取り組み拒否?

 ある意味、いい度胸しているなぁと感心してしまいました(;^_^A

 

なるほど・・・あれじゃ家庭科嫌いになるのも無理ないわボランティアはあまり気が進まなかったけど、この様子を見ることができたので、参加した甲斐はあったかな(;^_^A

その日、もう一人のママボランティアさんとランチしながら、あれはひどすぎる、教務主任か教頭先生に言った方がいいね、という話になりました。

 5年の担任は、FY先生よりも二回り以上若いと思うので、クレームを付けたとしてもFY先生は伝えづらいと思います。まだまだ年功序列な世界、ベテラン先生に意見できる先生は少ないのでしょう。だから、FY先生は自分の指導が悪いとは思わないままきてしまったのかもしれません。私達ボランティアに対しては決して横柄な態度は取らないんですけどね。。。

 

 そして2日目のボランティアの後、教頭先生に私たちの意見を伝えて、改善してもらいうとしたのですが。。。

やはり私、本人に伝えずにはいらせませんでした。

2日目も相変わらずダメ出しの連発だったので、授業が終わって帰るころ、

ちょっとドキドキしながら・・・

私「FY先生、ちょっとよろしいですか?」

FY先生「はい、大丈夫ですよ」

私「授業の様子を見ていて思ったのですが、もう少し子供達を褒めてあげてもいいんじゃないですか?」

FY先生「・・・そうですね」

私「みんな初めての作業だけど、一生懸命取り組んでいます。頑張ってやったところを先生に見せに来た子に対して「できてないよ」と切り捨てるような言い方はどうかと思います」

FY先生「すみません、私も作業を進めないといけないと思っていて、余裕がなかったのかもしれません」

私「そうですね、先生も大変だと思います。器用な子不器用な子がいて進度も違うのでね。ただ、みんな頑張っているので、それを褒めてあげると楽しく取り組めると思うんです。先生の言葉で傷ついている子が結構います。本来楽しいはずの家庭科が嫌だという子もいます。危険を伴うこともあるので余裕がない時もあると思いますが、出来たことに対してはダメ出しではなく褒めてあげたほうが子供たちはやる気が起きるんじゃないでしょうか」

と、そんな話を3分ほどしていました。FY先生は若干驚いていたようです。まさかボランティアそんな指摘されるとは思っていなかったのでしょう。

私は逆切れされたらどうしようと、ドキドキしていましたが、そこはさすがにFY先生、大人な対応をしてくれました。

 

FY先生「ありがとうございます。また何か気づいたことがあったら教えてくださいね」

 

私もほっとして、ボランティア最終日は楽しく参加することができました。

ナップザックもみんな無事に完成しました。

 FY先生、出来上がったナップザックを見せに来る子供達に、「よかったね~、よく頑張ったね~」と、笑顔を見せていました。

 子供達も嬉しそうでした。

 

ちょっと私、言いすぎてしまったけど、FY先生が大人な対応をしてくれたおかげで、改めてボランティアに参加してよかったと思いました。

 

 

続く。

  

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

 【無料問合せ成果】人気のオンライン家庭教師おすすめ教えます!

 

  

  ↓ アスペルガーや中学受験に関するブログを見ることができます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ 

 

アスペなエース君 小5 いよいよ林間学校

ご訪問ありがとうございます。

さわです。

 

うちのエース君、今日は林間学校へ行っています。

家族と離れての宿泊は初めてなので、不安や緊張感はあると思います。

私も心配事はたくさんあります。

超マイペースなエースが、一泊二日の集団生活についていけるか、夜は小さい頃から愛用している毛布がなくても眠れるか、厚着するのが嫌いなエースのことだから夜も薄着のままでいて風邪をひかないか、好奇心旺盛なゆえに危険を伴う行動をしないか、親が一日そばにいなくても大丈夫なのか。。。など。

けど、お気楽なエースが、

「なんとかなるよ!」

と。。。

お気楽なのか、頼もしいのか。

本人がそういうのだから、私もあえて心配な顔をせずに送り出しました。

幸い、エースの学年は暖かな雰囲気で、マイペースなエースを世話してくれる子もいます。彼の言う通り、なんとかなるのかもしれません。

 

ただ、一泊するということは、今日一日は塾の勉強ができません。

もしかしたら、明日も疲れていて勉強は捗らないかもしれません。

塾では隔週でカリキュラムテストがあり、5週間に1度、模試があります。なので、1日勉強ができないというのは、スケジュール的に結構痛いんですよね。。。

でも、前向きに考えれば、1日の遅れくらいはどうにでも調整できる!ということで、ここは母親の出番(?)先週から、今日1日分の勉強を分散して他の日に割り当てるスケジュールを立て実行してきました。完璧ではないけれど、エースも頑張っているので、出来るだけ短時間で効率的に出来ていると思います。

あとは明日どれだけできるか、ですね。

 

それにしても、実は私も、エース不在の夜を過ごすのは、エースが生まれてから初めてなんです。エースは産まれてから2週間ほど低体重でNICUにいたので、正確にはエースが我が家に来てからなんですけど。

約10年4カ月ちょっと、ずっとエースと同じ部屋で寝ていたのです。

そろそろ寝る部屋も別にする時期かなぁ、なんて思っていたけど、いつも一緒のエースが今夜はいないと思うと寂しいもんですね。

エースは学校の友達と楽しんでいるかな。 

初の友達同士での宿泊、楽しんでいるといいな。

 

 

続く。

 

 

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

 【無料問合せ成果】人気のオンライン家庭教師おすすめ教えます!

 

  

  ↓ アスペルガーや中学受験に関するブログを見ることができます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ 

 

アスペなエース君 小5 青天の霹靂⁉

ご訪問ありがとうございます。

さわです。

 

うちのエース君がゲーム大好きだという話は散々書きましたが、実は、二週間ほど前からエースの任天堂スイッチは物置行きになりました。

ちなみに、強制でも勉強を怠けているペナルティーでもありません。

エースが言い出したのです‼

塾の帰り、唐突に、

「あのさぁ、明後日のテストが終わったら、任天堂スイッチを物置にしまっておいて」

と・・。 

確かに、ゲームをやめようとしないエースのことを怒ることは度々ありました。

勉強の何倍に時間ゲームやってるのよっ!とか、ゲームやってる時間の15分でいいから読書にまわしたら?とか、友達のオンラインゲームするのはいいけど時間は守ってよっ!とか、しまいには、ゲームに何時間も没頭しているから勉強したことみんな忘れるんだよっ!とか。

私、、、そんなことを言っていたくせに、正直戸惑ってしまいました(;^_^A

もしかしたら、

私や主人が言いすぎてしまったのか、

それとも、

塾の先生にそろそろ本気で取り組まないと、みたいなことを言われたのか、

それとも、

友達とやっていたオンラインゲームでトラブルでもあったのか、

などと、色々と考えてしまったのですが。。。

 エースに理由を聞くと、

「スイッチがなくても過ごせるかどうか試してみたい」

とのこと。(とはいっても、スマホのゲーム(パズドラ)はやっています。YouTubeも見ています)

 

やはり、少しは中学受験生というものを意識し始めたのでしょう。

素晴らしい決断をしたエースに、成長の兆しが見えた瞬間でした。

そして、自ら一歩動き出したということは、これからまだまだ伸びることが期待できます。

 

ただ、嬉しい反面、ちょっと可哀そうな気もしてしまいました。

だって、一年越しで買ってもらった念願のゲーム機です。友達と楽しそうに会話しながらプレーしていた姿を思い出すと、本当にいいのかなぁ、なんて躊躇してしまいます。

 

けど、よく考えてみたら、一大決心(?)したエースに「そんな我慢しなくていいんだよ、ゲームも息抜きにやってもいいよ」と言ってしまうことの方が可哀そうなんじゃないかなと、思い直しました。

 

エースなりに、自分で考えて出した決断です。

その、せっかくの決断を揺るがすような発言こそ、彼にとって残酷なものでしょう。

もしかしたら、一か月と待たずにまたゲームをやりたいと言い出すかもしれないけど、その時はその時でまた考えればいいのです。

今は、少し成長したエースを一歩離れたところで見守っていくことにしました。

 

ちなみに、エースはこんなこともつぶやいていました。

「友達とフォートナイト(オンラインゲーム)の話はあまりできなくなったけど、YouTubeネタの話ができるからいいや」

 

 学校の友達とは、ゲームをやっていないからといって、特に困ることはないようで安心しました。

 

続く。

 

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

 【無料問合せ成果】人気のオンライン家庭教師おすすめ教えます!

 

  

  ↓ アスペルガーや中学受験に関するブログを見ることができます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ 

 

アスペなエース君 小5 エースの好きなところ

ご訪問ありがとうございます。

さわです。

 

家のエース君、マイーペースながらも毎日中学受験の勉強を頑張っています。

頑張っているだけに、私とのバトルも日常になりつつあります💦

ちなみに、バトルになるのはテストの成績どうこうではありません。事の始まりは、ほとんどが算数の勉強をしている時。

エース君、算数は結構得意なので、家では難しい問題にチャレンジしているのです。

すると、やはり解けなくてイラついている時もあるわけで、そんな時は一応「ママ~!!」と私を呼ぶんだけど、私も解説を見ないと解けないときもあって。。。

私:「図を書いてみるといいんじゃない?」

エース:「図なんて書かなくてもできるっ!」

     と、しばし考えても突破口が見つからず・・・

私:「図を書けば簡単に解けるのにっ」

   ほら、と解説を見せてみる

エース:「なんでママはすぐに解説見せるのっ!」

私:「だって私もわかんないもん。文句があるんだったら私じゃなくて、塾の先生に聞いてきてよっ」

エース:「聞かなくてもわかるもんっ」

私:「わかるんだったらとっくに解けてるでしょっ」

 と、大人げないやり取りがしばらく続いて。。。いつしか終息して。。。

こんなのが日常茶飯事なわけです💦

 

前置きが長くなりましたが、表題の件です。

昨夜も懲りもせずにヒートアップしてしまったので、ちょっとクールダウンしようと思い、エースの好きなところを思い浮かべげ見ました。

 

宇宙一可愛い我が子です、そりゃあ好きなところだらけで挙げればきりがありません。

親バカ全開で↓書いてみます。

 

同年代の子に比べて幼くて可愛いところ。擦れていないところ。おそろしくマイペースなところ。整った顔。感触の良い手。小柄でまだ若干の幼児体型。よく通る声。何気なく喋っている時の口調。寝ている時の幸せそうな顔。起きたとたんに喋りだすところ。時々猫みたいにすり寄ってくるところ。赤ちゃんの頃から変わらない風呂上がりの顔。好奇心旺盛なところ。賢くて知識が豊富なところ。よく鼻歌をうたうところ。開き直りが早く、怒られても喧嘩押しても、それをいつまでも引きずらないところ。優しいところ。人にあまり関心がない分、人の悪口も言わないところ。人と自分を比べないところ。人を干渉しないところ。元気なところ。友達に依存せず、一人でも平気で行動できるところ。ちょっとバカっぽいところ。しっかりしていないところ。意地っ張りなところ。実は素直なところ。なんだかふらふら~っとしていて、歩いているだけで面白く、微笑ましいところ。など、他にもたくさんあります。

 

そして、書いていくうちに、エースは本来、素直で頑張り屋なんだということを思い出しました。

目標に向かって頑張り、見事達成したという体験も何度かありました。

 

小学1年生の時、縄跳びの二重跳びを成功させるため、筋肉中になるまで練習していたことがあります。その日は1回成功、その1週間後には見事に連続二十跳びができるようになっていました。

 

小学2年の時、スイミングスクールのバタフライの進級テスト合格に目指して、主人と市民プールで練習に励んでいました。そして見事合格!その時エースが大好きだったコーチも、「エース君は本当に頑張り屋で、教えた通りにやってくれるから伸びが早いね」と褒めてくれました。

 

小学4年の時、塾の夏期講習で毎日の漢字テストがあり、エースは連続万点を目指すと意気込んでいました。漢字練習自体は書けなかった漢字を3回書く程度でしたが、授業前に漢字ノートを見て確認していたらしく、見事に連続満点を成し遂げました。

 

つい最近では、塾の定期テストで、理科1教科のみですが、念願の偏差値70越を達成して大喜びしていました。

 

きっと、今算数の難問にチャレンジしているのも、面白いように解ける域まで達したいという目標があるからなのかもしれません。

 

そんなエースの過去を振り返ってみると、きっと中学受験の目標も達成できると思うのです。

今はまだ、受験という実感はあまりないのでしょう。第一志望校というものも、ぼんやりしていると思います。

しかしそこが明確になれば、エース本来の頑張りを見せてくれるはず。

今はまだ遠い、第一志望校合格という夢も、きっと勝ち取ることができるでしょう。

 

 

続く。

 

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

 【無料問合せ成果】人気のオンライン家庭教師おすすめ教えます!

 

  

  ↓ アスペルガーや中学受験に関するブログを見ることができます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ